プチとりっぷ @有松 その1

いつか 行ってみた〜い♪と思っていた 着物の絞り染めの町。

その機会が、思いも掛けず 早くやって参りました♪

熱田神宮参拝のあと 楽に行けるとのことで 名鉄電車でGO!

e0352895_07321758.jpg

こちらは 伝統工芸 着物の絞り染めで有名な 旧東海道の宿場町 有松。

e0352895_07292896.jpg


服部邸の大屋敷は、有松を代表する江戸時代末期の建物だそう。

黒壁 なまこ壁 蔵があり 旧東海道 江戸時代の風情を残す町。

e0352895_07382106.jpg

お盆中とあり、町は静まり返っています。

観光客もいません。

e0352895_07385236.jpg

旧東海道沿いには、着物の絞り染め問屋さんが並んでいます。

e0352895_07413858.jpg

老舗の絞り問屋の井桁屋↓

e0352895_07531284.jpg

江戸時代にタイムスリップな建物。

e0352895_07543777.jpg

素敵な絞り染めの反物や小物がたくさん販売されています。

ここで、買い物に急いではいけません。

まずは、有松の絞り染めの知識を得に 有松・鳴海絞会館へ。

こちらでは、絞りの歴史や技法 製作工程が学べます。

実演もあり、職人技を間近に見ることができます。

着物好きにはたまりません。

絞り染めのきもの 浴衣 かのこの帯揚げ

普通に耳にする絞りのものですが、こんなに大変な工程をふんで製作されているとは知らずびっくり!

細かい上に正確さも必要とされる技。

それは もぅ 素晴らしく へぇ〜〜〜!を連呼。

若い頃に母が仕立てくれた浴衣は 絞り染めでアヤメの柄でした。

似たような反物があったので、許可を頂き オサシン撮らせて頂きました↓

e0352895_07562974.jpg

ここで…………

ちょっと着物の知識があると、どぅなの???と思うことが…………

ちょっと お店の方に伺ってみました。

それを知っているのと知らないのとでは、見る目が違ってきます。

それを知ってて 反物や小物を選ぶと、より 有松絞りを楽しめます♪

有松レポは、まだ続きます。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
ありがとうございます^^

[PR]
by rimiererose | 2015-08-20 08:38 | 暮らしを楽しむ@名古屋
<< ぷちトリップ @有松 その2 熱田神宮詣&きよめ餅総本家 >>